海外からの留学生受け入れ時の注意・配慮(その3)



日本に短期派遣される高校生のために作った資料を公開
彼らは日本語や伝統文化やポップカルチャーを
勉強していてもマナーや習慣には疎いので作りました

前回の続きです

※かなり基本のところは事前に教えられているはずなので
カットしてマニアックだけどわりと重要なことを紹介します
それと同時にホストファミリーの心構えでもあります
もし今後海外から学生を受け入れるときには
参考にしてもらえるとうれしいです

※ちなみにこのテキストは
・自分自身の留学体験
・我が家でマレーシアからの短期派遣生を受け入れた経験
・地元市の国際交流協会からのアドバイス
・インターネットからの情報
からクロスチェックして重要だと思うものを
ある程度選んでまとめました

これは日本に短期滞在する
インドネシアの高校生向けへの注意ですが
同じ文化圏(マレーシア・シンガポール・ブルネイ)
や他のイスラム教国はもちろん基本的な骨の部分は
その他の国々から来る学生たちへもかなり応用が可能です

☆今回は主に日常生活における
基本的な注意やアドバイスなどです

海外からの留学生受け入れ時の注意・配慮(その2)



日本に短期派遣される高校生のために作った資料を公開
彼らは日本語や伝統文化やポップカルチャーを
勉強していてもマナーや習慣には疎いので作りました

前回の続きです

※かなり基本のところは事前に教えられているはずなので
カットしてマニアックだけどわりと重要なことを紹介します
それと同時にホストファミリーの心構えでもあります
もし今後海外から学生を受け入れるときには
参考にしてもらえるとうれしいです

※ちなみにこのテキストは
・自分自身の留学体験
・我が家でマレーシアからの短期派遣生を受け入れた経験
・地元市の国際交流協会からのアドバイス
・インターネットからの情報
からクロスチェックして重要だと思うものを
ある程度選んでまとめました

これは日本に短期滞在する
インドネシアの高校生向けへの注意ですが
同じ文化圏(マレーシア・シンガポール・ブルネイ)
や他のイスラム教国はもちろん基本的な骨の部分は
その他の国々から来る学生たちへもかなり応用が可能です

☆今回は主に学校での注意です

海外からの留学生受け入れ時の注意・配慮(その1)


日本に短期派遣される高校生のために作った資料を公開
彼らは日本語や伝統文化やポップカルチャーを
勉強していてもマナーや習慣には疎いので作りました

※かなり基本のところは事前に教えられているはずなので
カットしてマニアックだけど割りと重要なことを紹介します
それと同時にホストファミリーの心構えでもあります
もし今後海外から学生を受け入れるときに
参考にしてもらったらうれしいです

※ちなみにこのテキストは
・自分自身の留学体験
・我が家でマレーシアからの短期派遣生を受け入れた経験
・地元市の国際交流協会からのアドバイス
・インターネットからの情報
からクロスチェックして重要だと思うものを
ある程度選んでまとめました

これは日本に短期滞在する
インドネシアの高校生向けへの注意ですが
同じ文化圏(マレーシア・シンガポール・ブルネイ)
や他のイスラム教国はもちろん基本的な骨の部分は
その他の国々から来る学生たちへもかなり応用が可能です

☆今回は学生自身が気をつけること
学生自身がホストファミリーに言うべきことです

気づけばもう3ヶ月か・・・

それにしても気づいたらあっという間に
インドネシアでの留学生活が3ヶ月を過ぎていました

しかし

ある程度長く住めば現地語が上達するというのは
どうやらふざけた幻想だったようです
思いっ切りぶち殺されました
未だに会話帳をチラ見しつつ日常会話+αがようやく
理解できて筆記は\(^o^)/という状態なのであります
鬱だ・・・


出発前の説明では
11ヶ月の滞在で結構語学力が上達すると言われましたが、

そんなの絶対おかしいよ!
もはや、わけがわからないよ
誰でもいいから僕と契約して語学力を授けてよ

とでも言い出したい気分であります





QB~.人気ブログランキングへ blogram投票ボタン☆★コメント★☆



まさかの自分が新聞記事になるとは・・・

まさかの自分が写真付きで国内2位の
インドネシアの全国紙に載ってしまったようです・・・
(しかもどうやら連載予定!?)

先月現地の大学で日本の伝統楽器の演奏会に
誘われてそこで記者に会ったのをきっかけに
ちょうど数日前記者が学校に来て日本語の先生と
一緒に取材を受けて今日記事になって出てきました

取材内容はAFSという留学支援組織や
メダンでの留学生活やインドネシア全般についてで
なかなか珍しい体験ができてよかったです

そして結果は取材の時に情報の伝達に齟齬が発生したようで
というか記者の英語力の低さと
頼りにしていた日本語の先生の
インドネシア語への翻訳が微妙だったせいか
残念ながら間違いが多かったです
うーんコミュニケーションは難しい・・・・

聞くところによるとどうやら二回戦の予定があるようなので
次回は間違いのないように頑張りたいです

※ちなみにその新聞はSeputar Indonesiaというところで
是非見たいという奇特な方がいらしたらFacebookから見るか
もしくはネット版をがんばって探して翻訳してみてください





新聞部と言えば藤堂リリシアしか浮かばね・・・.
人気ブログランキングへ blogram投票ボタン☆★コメント★☆
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...