Liburan Seorang Laki-laki (ある少年の休日)

PR


今回はインドネシア語練習として、「とある少年の休日」というタイトルで短い話を書いてみました。日本語訳も後半に書いています。
関連:作文練習に関する過去記事

 Selama liburan musim panas terakhir yang hari-hari terlepas dari tindisan untuk belajar, seorang laki-laki muda memilih berlibur ke kebun binatang. Pagi-pagi dia naik kereta dan dia pergi ke selatan. Sesudah 3 jam, dia mencapai di depan kebun binatang.

 Betapa senangnya aku ketika sampai di tempat tersebut. Banyak orang ada disana dan menunggu jam pintu kebun binatang dibuka. Ketika suara bel berbunyi dan pintunya dibuka, perjalanan ke dunia binatang dimulai.

 Dia melihat banyak jenis binatang langka seperti panda, buaya, kuda nil, rubah, serval dan lain-lain. Puas rasanya, terasa hilang semua kepenatan karena kesibukan tiap harinya. Di sana, dia saling berfoto-foto untuk mengabadikan waktu yang indah ini.  

 Tidak terasa waktu berjam-jam telah dia habiskan di sana. Hari pun mulai sore menandakan perpisahan dan kembali pulang. Rela rasanya kebahagiaan ini akhirnya selesai. Setelah dia pulang ke rumah dia melihat foto-foto yang diambil hari itu dan mulai mempersiapkan hari yang akan datang.




 日々の勉強のプレッシャーから解放された夏休みの最終日、ある1人の少年は動物園へ遊びに行くことを決めた。早朝、彼は電車に乗り南へ向かった。そして3時間後、やっと動物園の目の前に着いた。その場所に着いた時の喜びはひとしおだった。動物園のゲートの前には多くの人がいて開園時間を心待ちにしていた。開園のベルが鳴ってゲートが開くと、動物の世界への道が開いた。彼はパンダ、ワニ、カバ、キツネ、サーバルといった多くの種類の珍しい動物を見て回った。楽しんでいるうちに、日々の忙しさが消えていくのが感じられた。そして彼は、この美しい瞬間を永久に残すために、たくさんの写真を撮った。彼が何時間も過ぎ去ったのも気づかないうちに、そこでの時間は過ぎていった。やがて時は夕刻になり、別れの時間がやってきた。その幸せな時間はとうとう終わってしまった。そして、その日に撮った数々の写真を手に家に帰り、やがて来たる明日への備えを始めた。

※動物園系アニメの「けものフレンズ」を見ながら書いた時の文章です。ストーリーは和歌山・南紀白浜のアドベンチャーワールドをモデルにしていますが、全体としてはフィクションです。


<トップページに戻る>

TVアニメ「けものフレンズ」ドラマ&キャラクターソングアルバム「Japari Cafe」
けものフレンズ 内田彩 佐々木未来 根本流風 田村響華 相羽あいな
ビクターエンタテインメント (2017-06-07)
売り上げランキング: 920

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...